雑誌、HP等を見ていると常々思うことがあります。「このようなお顔だちにはこの髪型」、「春スタイルの服にはこのようなカラー」と書いてあるのをよく見かけます。それはそれで確かに必要だと 思います。ですけれども、ヘアースタイルというのはそれだけではないと思っております。お客様の生き様、表現したいこと、生活、環境、そのすべてをひっくるめた個性やアイデンティティ。廻りのみなさまと違っても、よろしいのではないのでしょうか?それを表し助けるのがヘアースタイル。「名は体を表す」と言 いますが、「髪型も体を表す」と思っております。

このページでは、普段のサロンワークとは異なるDifference EngineとKinotolopeの「作品」を紹介します。